経済の原理・原則は、需要と供給であることは一般に知られています。さらに、マクロ・マーケットでは、人間の非合理と相まって不規則な動きをしますが、一方で、ミクロ・マーケットでは、フラクタルが生じることが分かってきています。フラクタルは、ある特定のマーケット環境において自己相似性により需要と供給が生じ、供給側の供給が限定された場合、需要が供給を上回り、希少性が発生します。

私たちは、経営コンサルティング活動を通じて、個人・組織が、各々の強さ(コア・コンピタンス)を用いて、社会の本質的欲求を解消することに経営資源を集中させることで、非競争領域、すなわち、希少価値を高めることを探究し続けてまいりました。また、実物資産の貿易を通じて、世界マーケットのルールを理解しています。

マーケットで独自性を創るコンサルティングと実物資産の貿易はとても親和性が高く、それぞれの活動が希少価値への理解を深めています。

現在のパンデミックにより、世界各国では、貨幣流通量を高め、経済を刺激しようとしています。このお金の流れは、どこへ注ぎ込まれていくのか?もちろん、景気の下支えとして、マーケットの消費、流通を促進します。ただ、それだけではなく、市場の限定資産への流入も生じるはずです。

これからのボーダレスな世界マーケットでは、日本の不動産でさえ、世界的マーケットのルール、流れを理解して参加するべきです。

さらなる、希少価値への探求と共に、世界の潮流、ルールを熟知した上で、お客様の希少価値ある実物資産をサポートしてまいります。

代表:浜住