Business Fields

「入口があれば、必ず出口がある。」という言葉がある通り、稀少性の高い商品、サービスの購入だけではなく、売却、または、将来の稀少価値が高まるタイミングを考慮する必要があると認識しています。つまり、現在の価値はもちろんのこと、出口時に稀少価値が高いシチュエーションを創り出すプロセスの全体最適化が、我々のビジネスフィールドであります。

稀少価値を「創る」、「提供する」、「定義する」を3つの事業としています。主な稀少価値の対象として、以下の通りです。

I. Scarcity Value Create: 稀少価値創造

創る:特定のニーズ、マーケットに対して、富として、「稀少性の原理」と「効用」が働くイノベーティブな価値を、新たに創造します。

例:商品、サービスを特定のマーケットで限定性を創り出す。

II. Scarcity Value Provide: 稀少価値提供

提供する:既存商品にある稀少価値を、特定のニーズに対して、提供する。

例:海外不動産、クラシックカーなど

Scarcity Value Define: 稀少価値定義

定義する: 特定のニーズ、マーケットに対して、稀少価値が高まるよう事業領域、強みを定義する。

例:グローバルマーケットにおける事業ポートフォリオ構築