Business Concept

Scarcity Value:稀少価値


In order for our clients to maximise the returns of resources and/or investments, utility for specific needs is boost up and scarcity values are created, provided and defined by our abundant expertise.

弊社は、特定のニーズに対する効用を上げ、稀少価値の創造、提供、源泉を作り、皆様の貴重な資源に対するリターンの最大化に貢献します。

The scarcity value is said to be increased when demand (content of satisfaction) is satisfied at the same time as demand for goods of higher priority out of finite options exceeds the supply amount for specific needs.

In marketing, it can be argued that rarity value will be raised, but it can not be said that the real rarity value has risen even if the demand for a period of time is limited by limited items, periods, as a marketing promotion.

In provide of scarcity value category, we also will provide products that solve jobs that meet specific needs, the utility of the market, and provide high priority products that meet already existing needs.

In addition regarding of define of your scarcity value,  Information technology in manufacturing process is dramatically increased efficiency of productions which mean that other competitors are easy imitating of other products. In other words, it is necessary for companies, individuals, mission, business domain, strength = labor consideration to be defined.

We will make utility for specific needs, and create how to generate scarcity value in each market for our clients, which mean that we contribute to maximizing returns to valuable resources of clients.

稀少価値は、特定のニーズに対して、有限な選択肢の中から優先順位の高い商品の需要が供給量を越えると同時に、効用(満足感)が満たされる時に高まるといわれています。

マーケティングで、限定商品、タイムオファーなどで、稀少価値を高めることを論じられますが、一時期の需要を喚起しても、本当の稀少価値が上がったとは言えません。
弊社は、特定のニーズ、マーケットの効用を満たす、ジョブを解決する商品を創造、また、既に現存しているニーズを満たす優先順位の高い商品を提供していきます。
さらに、稀少価値を創り出す、また、稀少価値の高い商品に携わっているからこそ、どのような、商品/サービスの稀少価値が上がるかについて経験上、理解しているつもりです。IOT、サプライチェーンの発展などにより、既存事業領域がボーダレス化することにより、事業領域、自分の強みを定期的に確認する、また、事業を開始する前に定義することは、不毛な経営資源の浪費を防ぐことにもつながります。


CREATE: the new value that the law and utility of scarcity work, as wealth for specific needs and markets.

PROVIDE: scarcity value in existing products to specific needs.

DEFINE: business domains and strengths of our clients to raise their scarcity values.

創る(CREATE):特定のニーズ、マーケットに対して、富として、稀少性の原理と効用が働く価値を、新たに創る。
提供する(PROVIDE):既存商品にある稀少価値を、特定のニーズに対して、提供する。
定義する(DEFINE): 特定のニーズ、マーケットに対して、稀少価値が高まるよう事業領域、強みを定義する。

 


稀少価値:ごく少ししか存在しなことから生ずる値打ち、少なくて珍しいために生じる価値

経済の原則:稀少生と選択

選択:資源の有限性がある限り、選択肢の中から1つを選び出す、トレード・オフが迫られる。

ニーズと欲求:ニーズを満たす、解決する手段として、欲求(Want)がある。

選択には、ニーズ(消費者/需要)とシーズ(生産者/供給)

稀少性の原理:資源やそれから作られる財やサービスの供給が人間の欲望に対して、相対的に稀少であるという原理

限界効用:ある財の消費を1単位増加した場合の消費者の効用。

*効用:有用な満足感

富:形があり、稀少で、有用である人から別の人に移転可能な生産物

「あるものが、価値を持つためには、富としての稀少性と効用が必要」